Monthly Archives: 12月 2015

必見!家族や親族のみで挙げる結婚式のメリットについて

結婚式は大きければ良いのではない

結婚式と言うと多くの友人などに祝ってもらっている華やかなイメージがあります。確かにテレビなどで取り上げられる結婚式は、華やかな結婚式が多いです。しかし、結婚式は必ずしも派手に行う必要はありません。家族や親族のみで結婚式を行ったりする人たちも増えて来ています。結婚式の準備は半年以上前から行う必要がありますし、費用負担も膨らんでしまいます。ですので、時間や費用の負担を抑えるために、親しい人たちだけで結婚式を挙げることも得策です。

費用負担を抑えることも出来る

一般的な結婚式を挙げる為に必要となる費用は、250万円から300万円程度です。このお金は自分たちで貯めた分や、新郎新婦の両親や親族などからの援助、あるいは結婚式に出席した人たちからのご祝儀で賄うことになります。しかしこれらのお金だけで足りない場合もありますので、結婚式を挙げるには金銭的な負担が大きいことがネックとなります。その点、小さな結婚式の場合は、10万円以下で挙げることも可能ですので、金銭的な心配をする必要が無く、安心して結婚式を楽しむことが出来ます。

アットホームな結婚式

家族や親族のみで行う結婚式のメリットは費用負担を抑えられることだけでなく、心温まる結婚式を挙げられることもあります。スケジュール通りにどんどん式が進行されて行くような結婚式とは異なり、落ち着いた雰囲気の中で結婚式を挙げることが可能です。新郎新婦も出席者全員と言葉を交わすことが出来ますので、皆にとって非常に満足度の高い結婚式にすることが出来ます。大規模な結婚式を挙げることは難しいけれども、少なくとも家族だけには祝福してもらいたいと言う場合は、家族婚を選択することが得策です。

近年盛大に結婚式をやることは少なくなりつつあり、資金効率の観点から結婚式なら親族のみと決めているカップル多いです。


絶対に妥協したくない人のための結婚式場の探し方

結婚式場は楽しみながら探す

結婚式場探しって、疲れますよね。結婚が決まったら、新居を探したり、親戚まわりをしたりと、ただでさえやることが多すぎて忙しいので、「ゆっくりとたくさんの式場を見て回る余裕なんてない」と嘆いている人も多いのではないでしょうか?しかし、多くの女性にとっては、式場探しも一生に一度だけ訪れるイベントです。いろいろな式場を愛する人と一緒に見て回わるという貴重な体験そのものを楽しむ心の余裕があるといいですよね。

友人の結婚式に出席したときにチェック

カタログや写真で、結婚式場の情報収集をするのも大切ですが、やっぱり自分で経験するのが一番。友人の結婚式に招待されたときは、その式場について徹底的に調査できるチャンスです。自分がこの会場で結婚式をあげるつもりで、式場を眺めてみると、いろいろなことが見えてきます。疑問に思ったことは、遠慮せずに、式場のスタッフに根掘り葉掘り尋ねるようにしましょう。挙式した友人に、詳しく話を聞かせてもらうと、内情までわかるかもしれません。

プロの式場探しサービスを利用するのもあり

自分たちだけで、理想的な結婚式場を見つける自信がないというカップルは、プロの手を借りるという最終手段が残されています。全国にある大小様々の結婚式場のなかから、条件にぴったりあったところを探しだして、紹介してくれるサービスがあるんです。このようなサービスを提供している会社では、スタッフが全国をとびまわって、プロの視点で結婚式場を厳しくチェック。厳選した結婚式場のなかから、条件にあうオススメの会場をみつくろってくれます。

福岡の結婚式場では、美味しい料理を提供してくれますし、結婚式を盛大に祝ってもらえるので、最高の結婚式を挙げられます。


イメージしてみよう!世界にひとつだけのウェディング

結婚が決まったら結婚式場選びから

結婚が決まったら、まずしなければならないことは結婚式場選び。家族だけのアットホームなウェディング、余興やサプライズなどたくさん盛り込んだ、ゲストが楽しめるウェディング。食事がメインのシンプルなウェディングなど、様々なスタイルがあります。結婚が決まったらまず、自分たちがやりたい結婚式などんなスタイルなのかをイメージしましょう。実際に会場を訪れて、それが叶う結婚式場を探しましょう。ブライダルフェアに参加することも当日の雰囲気がイメージしやすくお勧めです。

ドレスや着物は何着着たい?

真っ白なウェディングドレスは女性の憧れですよね。ドレスの試着に行く際、たくさんあって決められない人も多いでしょう。「ウェディングドレスも着たいし、和装も捨てがたい!あ~でも白無垢もいいし、カラードレスも着てみたい!」なんて、迷ってしまいますよね。そんな人には、前撮りがお勧めです。例えば、当日はウェディングドレスと和装の2着を着て、前撮りで白無垢とカラードレスを着てプロのカメラマンに写真を撮ってもらうのです。前撮りの写真はウェルカムボードにして、当日ゲストに見てもらうのもいいですね。

用意しなければいけないアイテムって?

結婚式っていろいろ準備が大変で用意しなければならない物がたくさんありそうなイメージがありますよね。招待状、席次表、席札、ウェルカムグッツ、プチギフト、引き出物などなど、確かにたくさんありますが、専属のウェディングプランナーが丁寧に案内してくれるので大丈夫です。その中でも、招待状や席次表、席札などのペーパーアイテムは手作りすることができるので、少しでも費用を安くしたい人は手作りするのもいいかもしれません。

鶴岡八幡宮で結婚式を行う場合、厳かな雰囲気の中で素敵な結婚式を行うことができ、長い人生における大きな思い出となります。


こんなのあり!?最高の思い出にする結婚式!

結婚式にはいろんなスタイルがあります。

結婚式は、神前式やキリスト教式、仏前式や人前式によってスタイルが異なりますが、実はそれだけではないのです。例えば、東京や郊外の結婚式場でも全然雰囲気が違います。東京の結婚式場はスタイリッシュな式場が多く、また、東京タワーやスカイツリーなど観光名所が綺麗に見える結婚式場なども存在します。そして、郊外では土地を利用した、まるで大豪邸や別荘を丸ごと貸し切ったかのような式場が多く、主にガーデンウェディングなど屋外で行う式が多いです。

こんな場所でも結婚式ができる!?

みんなと同じじゃつまらない。そんな方は必見ですよ!日本で結婚式を挙げられる場所は世界遺産である日光東照宮や、元裁判所、船の上、水の中、富士山など山頂、スキー場など、びっくりするような場所でも結婚式をあげることができるのです。そして、金額も普通に挙げる挙式と変わらないものから、50万円以内で挙げる事が出来る式など、さまざまなプランがある。また、町のキャンペーンなどで抽選で当たったカップルは無料で挙式をあげる事が出来るなんてものもあります。

一生に一度結婚式だから・・・

一生に一度の結婚式なので、みんなと同じじゃつまらないと個性的な場所で式を挙げるカップルもいることでしょう。中には、結婚する新郎新婦の趣味にちなんでその場所を選んだというカップルも多く存在するのも事実です。二人とも登山やスキューバダイビング、スキー、パワースポット巡りが好きで、その趣味を通じて出会ったから、式も趣味にちなんだ場所で、とお互いの趣味にとことん合わせた挙式スタイルで一生忘れられない結婚式を行うというのも素敵ですよね。

品川の結婚式場に関する情報を把握したい場合、式場の公式サイトだけでなく、検索サイトや口コミサイトなど、様々なサイトにおいて情報収集ができます。


教会式以外の結婚式のスタイルってどんなものがあるの?

再評価されつつある神前式

神社で挙式する場合は神前式と言います。教会で行う海外式の結婚式が主流になると古いというイメージが持たれたりしましたが、近年人気タレントが神前式を行うようになってからは再評価されるようになりました。神社以外でも結婚式場内の神殿が設置されるようになったので敷居も低くなりましたよ。雅楽が流れる中で、夫婦が神さまの前で誓いの言葉を読み上げたり、指輪の交換を行います。巫女さんたちの舞が見られる神楽奉納がある場合もありますよ。

仏さまに報告する仏前式

仏前式が他の挙式スタイルとは違うのは、そのお寺に祀られている仏さまに我々は夫婦になるのだということを「報告」するという形をとっていることです。神前式と比べると若干マイナーなのと、同じく日本ならではのカラーが濃厚なので混同されやすいですが、仏前式は信仰の方法も別物ですし、参列者や衣装についての縛りが全くありません。親族以外が参列してもいいですし、タキシードとウエディングで挙式してもOKなんですよ。独自色としては、お坊さんがお経を読んだり、新郎新婦に数珠を渡したりしますし、最後には焼香などがあります。

参列者に誓う人前式というスタイル

神前式や仏前式とは違い、参列した人たちすべてに結婚の証人となってもらうスタイルです。一番新しい挙式の形式ですが、メリットは会場かドレスコード、誓いの言葉などすべて新郎新婦の自由な意思でカスタマイズ可能だということです。オーソドックスなものだと披露宴会場を借りて行われますが、式場や披露宴会場にこだわらずにホテルのロビーやなれそめの場所でもとにかくフリーダム!予算は大体五万くらいあればできるのでリーズナブルでもあります。

太田での結婚式場は他の結婚式場と比べてとても安い値段で利用をする事が出来る様になっており、評価が高いです。


結婚指輪は大事なものです。結婚指輪を見て何を思う?

結婚指輪を披露する瞬間は?

初めて結婚指輪をお披露目する場は結婚披露宴でしょう。しかし、教会で挙式あげる人はここで初めてお披露目しますよね。結婚式前に新郎新婦は結婚指輪を用意しないといけないですよね。結婚式を開く以上は必要ですし、問題はどこで購入するかです。今の時代、購入するよりは二人だけのものにしたいという考えを持っている人が多いです。手作りによる結婚指輪も流行っているので、手作りを希望する場合は挙式日と逆算して作成に取り掛かります。

結婚指輪は結婚式で用意するもの

結婚指輪を購入したらすぐに用意できます。結婚式場からは用意するものを教えてくれます。その中に結婚指輪も含まれています。それ以外にも結婚式で使う小道具もありますが、式場と相談しながら行います。結婚指輪に時間かからないように、周辺のものも重要なアイテムと認識しているからです。結婚指輪は二人だけのものですから、この世にないものを作りたい場合は早めに作成する方が望ましいでしょう。加工に時間を要するので、式までに余裕を持った行動が必要ですよね。

挙式で披露された結婚指輪だね!

初めて結婚指輪を披露しましたが、結婚披露宴で堂々と披露しますよね。出席者はこの瞬間を見逃さないように、カメラなどで撮影するでしょう。思い出の一枚としてくれたら最高です。結婚指輪をした状態で初めて過ごすだけに、すぐには慣れないでしょう。結婚式で身につけ結婚指輪は一生外したくないですよね。仕事によりますが、結婚指輪であっても外さないといけない状況の時もあります。その時は結婚式をあげた時の感動が忘れられないので、指輪をもう一度はめてもらいたいです。

結婚指輪とは、結婚式で交換する指輪です。結婚した証に交換する、儀式のアイテムといえます。男性でも、仕事中つけている人が多いです。