教会式以外の結婚式のスタイルってどんなものがあるの?

教会式以外の結婚式のスタイルってどんなものがあるの?

再評価されつつある神前式

神社で挙式する場合は神前式と言います。教会で行う海外式の結婚式が主流になると古いというイメージが持たれたりしましたが、近年人気タレントが神前式を行うようになってからは再評価されるようになりました。神社以外でも結婚式場内の神殿が設置されるようになったので敷居も低くなりましたよ。雅楽が流れる中で、夫婦が神さまの前で誓いの言葉を読み上げたり、指輪の交換を行います。巫女さんたちの舞が見られる神楽奉納がある場合もありますよ。

仏さまに報告する仏前式

仏前式が他の挙式スタイルとは違うのは、そのお寺に祀られている仏さまに我々は夫婦になるのだということを「報告」するという形をとっていることです。神前式と比べると若干マイナーなのと、同じく日本ならではのカラーが濃厚なので混同されやすいですが、仏前式は信仰の方法も別物ですし、参列者や衣装についての縛りが全くありません。親族以外が参列してもいいですし、タキシードとウエディングで挙式してもOKなんですよ。独自色としては、お坊さんがお経を読んだり、新郎新婦に数珠を渡したりしますし、最後には焼香などがあります。

参列者に誓う人前式というスタイル

神前式や仏前式とは違い、参列した人たちすべてに結婚の証人となってもらうスタイルです。一番新しい挙式の形式ですが、メリットは会場かドレスコード、誓いの言葉などすべて新郎新婦の自由な意思でカスタマイズ可能だということです。オーソドックスなものだと披露宴会場を借りて行われますが、式場や披露宴会場にこだわらずにホテルのロビーやなれそめの場所でもとにかくフリーダム!予算は大体五万くらいあればできるのでリーズナブルでもあります。

太田での結婚式場は他の結婚式場と比べてとても安い値段で利用をする事が出来る様になっており、評価が高いです。