婚約指輪はずっと着けていてもいいものなの?

婚約指輪はずっと着けていてもいいものなの?

婚約指輪をもらったら

最愛の人から求婚されるなんてまるで夢のようなシチュエーションですよね!プロポーズの時に恋人があらかじめ指輪を購入済の場合もあれば、彼女の好みに合ったものを着けてほしいということで、指輪は改めて購入する場合もあります。どちらでも正しいんですが、何気ないときに指輪は一緒に買いたいか聞いてみるのがおすすめです。指輪をもらったら、結婚後もいつまで着けていてもいいのか?という小さな疑問がありますよね。実際はどうなのでしょうか。

結婚後も着けていてもいい!

婚約指輪という名前なので、正式に結婚してからは結婚指輪だけを着けて、婚約指輪は着けなくなるものということはありません!夫婦になった後も一生もののアイテムとして着けていてもいいものなんですよ。婚約指輪はダイヤモンドを目立たせるようなデザインになっていますが、結婚指輪はより普段使いに堪えうるものであるようによりシンプル性を追求しているものと対照的な外見をしていますから、重ね付けにしてもきれいなんですよ。

重ね付けを意識して選んでみる

結婚後もせっかく買ったんだから、婚約指輪を使い続けてほしいそんな時には結婚指輪も同じブランドで揃えるようにするといいですよ。別のブランドでも特に不都合はないんですが、同じブランドの婚約指輪と結婚指輪は重ね付けを想定していることが多いので、デザインが統一されていたり、重ねることでそれぞれの指輪がよりきれいに見えるように工夫が凝らされているんですよ!こんな細かいところまで考えて作られてるなんてさすがとしか言いようがありませんね。

婚約指輪は、婚約を決めた男性が相手の女性に愛情の証として贈る指輪です。エンゲージリングとも呼ばれています。