知らないと恥ずかしい!結婚式当日の基本的な3つのマナー

知らないと恥ずかしい!結婚式当日の基本的な3つのマナー

遅刻は厳禁!万が一の時には必ず連絡を!

お祝いの席に遅刻をしていくのは、失礼にあたります。そのため時間には余裕を見て行くようにしましょう。そうは言っても、公共交通機関を利用する場合には、いつ何が起こるのか分からないですよね。もしそういった場合には、必ず会場に直接電話で連絡を入れるようにする事が大切です。一緒にゲストとして出席する友達に連絡を入れて、伝えてもらうのも良いです。やってはいけない事は、新郎新婦に連絡を入れる事です。結婚式の準備のために、電話でやり取りをしている余裕はありませんので注意が必要です。

手荷物についてのマナー

結婚式の会場に持ち込むバッグは、出来るだけ小さい物にしましょう。大きなバッグを持って来ている場合は、会場にあるクロークに預けるようにして、会場内には絶対に持ち込まないようにするのがマナーとなります。また会場内に入ったら、自分のバッグは椅子の背もたれと自分の背中の間に置くか、バッグハンガーなどを使用してテーブルにかけるように工夫しましょう。間違っても床には置かないようするのが、マナーとなりますので注意しておきましょう。

テーブルでのマナーについて

テーブルのマナーといっても、一般的な食事をする時のマナーと違いはありません。しかし会場には新郎新婦の会社の方や親族など、年配の方がたくさんいてますので、その事を頭に入れておくようにしましょう。そして、失礼のないようにするのがマナーとなります。基本的にやってはいけない事は、食器の音を立てない事や同席した友達と大きな声で話さない事やガツガツ食べないようにする事です。また楽しい席ですのでお酒を飲みたいのはわかりますが、飲みすぎてハメを外してしまうなんて事はないようにしておきましょう。

結婚式場を東京で予約をするにあたり、それぞれの式場の最新のキャンペーンに注目をすることがおすすめです。